動物病院紹介

当院について

●必要最小限の診療

待合室我々は大前提としてもちろん根治治療を目指します。
繊細な彼らにとっては注射一つにしろ、一度に一種類が限度です。
昨今、過剰なサービス、診療が皆様に喜ばれることが多いのですが、過剰な診療は彼らの身体にも心にも余計なストレスを与えることにもなりかねません。 皆様にとっても精神的にも金銭的にも負担になってしまう場合もあります。
無駄な事は極力避け、本当に必要な治療を行います。
『当院では常に必要最小限の診療を行っています。』

●常に開かれた診療

密室での医療行為は時に誤解や疑念を生み、皆様と我々の相互信頼の妨げとなります。
当院では入口から、受付、診察室内、手術室内が一目でわかるように仕切りにガラス窓を使用しております。
医療行為を常に皆様のご自身の目で観ていただく事により、皆様には安心と治療をともに行う一体感を感じていただけます。
『当院では常に開かれた診療を行っています。』

●最新の医療

日本獣医生命科学大学より適時ご指導いただき、最新、最良の医療を行っています。
より高度な診療をお望みの場合、大学病院等へのご紹介も行っています。
遠慮なさらずご相談下さい。
『当院には常に最新の医療知識があります』

●豊富な実績と臨床経験

当地に開業以来、地域の皆様に支えられ、様々な症状に対し臨床経験を得られた事は私の宝です。
皆様からいただいたこの宝を活かし、これからも地域の医療に貢献させていただければ幸いです。
『当院には豊富な実績と臨床経験があります。』

●いつでもご相談下さい

いつでもご相談ください飼われているペットの出産、ペットショップでの購入、ご家族が拾ってきたりなど、 覚悟を決めて飼う場合も、突然飼う事になった場合でも、 普段の生活で起きる様々な問題に対して、全て皆様ご自身で対応することは非常に難しいのものです。
しつけに関する問題や、如何に病気と付き合うかを考えていかなければならないこともあります。
お困りの際には、診療以外でも気軽にご来院下さい。
私共スタッフ一同、皆様の手助けとなり、共に『ご家族の一員』の一生に携われたらこれ以上の幸せはありません。
『お困りの時はいつでも当院にご相談下さい。』

スタッフ紹介

●院長:河内章

院長常に最良の診察を目指して。

河内獣医科医院のホームページを御覧いただき、誠にありがとうございます。

一般に愛玩動物と訳されるペットですが、そもそも、犬は狩猟用、猫は害獣駆除、時には神の化身として崇められたりなど、我々人類の歴史、文化と共に常に寄り添うように歩んできた大切なパートナーでした。
時代は移り変わり、今日、皆様にとっては人生を共にする『ご家族の一員』として日々生きる力を与えてくれる存在になっています。

その存在が大きくなるにつれ動物医療の現場でも病気に対するアプローチは常に変化してまいりました。
私も常に、新たな治療法を模索、研究しながら現場に携わって参りましたが、昔から変わらないのは

第一に『予防の大切さ』、
第二にインフォームドコンセント『皆様方の心の問題』です。

ものいわぬ彼らに対して意思の疎通は難しく皆様は常に不安を感じていらっしゃることでしょう。
彼らは赤ちゃんと同じです。皆様の愛情によって守られているのです。
普段から彼らの状態を愛情深く良く見て、少しでもおかしな所があればすぐにご相談下さい。
我々の出来得る限りの技術と誠意と笑顔を持って対応させていただきます。

それではスタッフ一同心よりお待ち申し上げています。

獣医師・医学博士 河内章


●院長経歴
  日本大学第三高等学校卒
1965年 日本獣医畜産大学(現日本獣医生命科学大学)卒
1966年 当地にて開業
1981年 東京大学医科学研究所にて細菌学の研究に従事。
1981~1984年 軟X線映像研究所にて 軟X線撮影技術並びに映像解析等の研究に従事する。
1986~2000年 東京女子医科大学細菌学教室研究生となる。
以下同大学
眼科学教室 小暮 美津子  教授
小児科学教室 横田 和子  教授
消化器病センター 秋本 伸  助教授
日本心臓血圧研究所 上塚 芳郎  講師 (以上当時)
に直接指導を受け常に最新の医療を学ぶ。
1988年 診療、手術を全て観ていただく『開かれた医療を目指し』
他に類を見ない当院のデザインを決定。
2000年 東京女子医科大学にて博士の学位を授与される。
博士号取得
博士号取得長年支えて下さった皆様方のおかげで、獣医師では数少ない医学博士号を取得する事ができました。
皆様にとって、医療行為には学位など無価値なものかもしれませんが。
『診療医のみならず、医療研究者』としても新たな一歩を踏み出せた思いです。
これからも、医学会に多大な貢献を為された諸先輩方に恥じぬよう精一杯努力する事を皆様にお約束致します。

現在に至る

 

●スタッフ

師長 小林 智恵

院長より

診療、手術等の助手、麻酔に秀で各種検査をこなし、常に新しい知識を取り入れる柔軟さがあります。
入院したわんちゃん、ねこちゃんなどの面倒見にも臨機応変な能力を発揮してくれます。
性格は温厚、ソフトスマイルでやさしく日々応対しています。
当院の中心的存在です。

IT担当、受付 河内 紀

院長より

当病院のHP制作管理、受付を担当しています。
とにかく、人を笑顔にさせる才能にあふれ、誠実な人柄はわんちゃん、ねこちゃんに接するときにも現れ、仕事も真剣に取り組んでいます。
受付でのビッグスマイルに癒される患者さんも多いようです。

河内獣医科医院

〒144-0047

東京都大田区萩中1-5-26

ベッセルグリーン 1F